• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2021.12.28

メンタルが弱い子どもの心を強くするレジリエンス教育を始めよう【専門家がアドバイス】

大人からすると「大したことないのに」と思うようなことに凹み、臆病になっているわが子の様子に「社会で生きていけるかな」「いじめられないかな」と不安になることはありませんか? しかし、心を鍛えたいと思っても何をすればいいかなんて分かりませんよね。そこで、「子どもの生きる力を育てる」と注目を集めるレジリエンスについて不登校に悩むたくさんの親子と向き合ってきた関野亜沙美さんが解説します。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

話を伺ったのは…

関野亜沙美さん

約10年にわたり学校教育に携わり、不登校・発達に悩む生徒、保護者の方の相談を1,000件以上担当。受け持った子どもの約8割が大学進学したなどの実績がある。これまでの知識と経験を活かし、生徒・保護者だけでなく、教育関係者向けのアドバイザーとして活躍中。

メンタルが弱い子の特徴とは

自分の意見を言えなかったり、「僕(私)には無理だよ」「もうやめたい」などネガティブなことを言ったりするわが子に「うちの子はメンタルが弱過ぎるんじゃないか」と心配になってしまうこともありますよね。

ですが、学校生活に悩む子供たちと向き合ってきた関野亜沙美さんは、「メンタルが弱いことやネガティブな感情は悪いことじゃない」と話します。

「ネガティブな感情なんて、できれば無い方が良いという印象を持つ人の方が多いかもしれません。しかし、実は、ネガティブな感情は我々人間が生きていく上で必要で大切な感情なのです。

例えば、『怖い』という感情がなければ、逃げることはできません。『不安』があるからこそ、危機対策や準備をすることができます。『怒り』を感じるから戦うことができ、『落ち込む』ことは、体を休めようとする心のサインなのです。

ネガティブな感情は、生存本能からくるものだからこそ、感じやすいようになっているのですが、ネガティブ感情の性質でやっかいなのは、頭にこびりつきやすく、ときに沼にはまってしまい、なかなか抜け出せない状態なか陥る傾向があるということです。」

さらに、「そのように子どもがネガティブな考え方の沼にはまることは自然なこと」と関野さんは続けます。

「大人なら困難を感じる出来事があっても、これまでの経験値を基に『前向きに考えよう』と捉え方を変えることができると思うんです。ですが、子どもにはその経験値も経験以上の視野の広さや多角的視点をもつことは難しいですよね。仕方がないことなんです」

あなたも関野亜沙美さんに相談してみませんか?

ソクラテスのたまごの姉妹サービス「ウチのこは」なら、関野さんにあなたの悩みを直接相談できます(秘密厳守)。

関野亜沙美さんへの相談はこちらから

ネガティブ思考の子の7つのタイプ

さらに、関野さんによるとネガティブ沼にハマりやすい子には7つのタイプがあるといいます。

【タイプ①】非難タイプ

他人に対して怒りや不満を抱きやすいしまうタイプ。「うまくいかないのは〇〇のせい」「自分は悪くない」と頑固で意見をなかなか変えられない。

【タイプ②】正義タイプ

正しいか正しくないか白黒はっきりつけたいタイプ。「あんなことすべきではない」「間違っている」と感じると怒りや不満を感じやすくなってしまう。

【タイプ③】敗北感タイプ

他人と比較して、自分はみんなより劣っていると思い込んでいるタイプ。常に敗北感や劣等感、憂鬱感を抱いている。「不登校傾向の子ども達にはこのタイプが多い印象です。『自分なんか役に立たない』『何をやってもダメに決まってる』という思いが強くこびりついてしまっています」(関野さん)

【タイプ④】心配タイプ

「きっと悪いことになるに違いない」「ああなったらどうしよう」と先読みをして不安、緊張、恐れを感じてしまうタイプ。起こってもいないことに対して心配し過ぎてしまい、不安を感じている。

【タイプ⑤】諦めタイプ

「自分にできるわけない」「どうせうまくいかない」と、問題に対して無力感や脱力感を感じて動けなくなってしまうタイプ。

【タイプ⑥】罪悪感タイプ

繊細な子に多く、何か起きると「きっと自分が悪いんだ」「その失敗は私のせいだ」と自分を責めてしまうタイプ。罪悪感や不安や焦りを抱きやすい。

【タイプ⑦】無関心タイプ

「別に」「興味ない」「どっちでもいい」と、今のことだけよければいいやと思い、将来や問題に対して無関心で、そのうち解決されるだろうと目をそむけているタイプ。

ネガティブ沼にハマりやすい子は、上記7つのいずれかに当てはまるそう。どれかひとつというわけではなく、いろんなものに当てはまっている子もいます

子どもの発言や態度から、子どものネガティブ傾向が分かったら、その捉え方をどう変えていくかを考えてみましょう。

「前述の通り、ネガティブな感情は子どもが本能的に自分を守ろうとしていることの表れでもあります。真逆の捉え方に変えようとするのではなく、子どもの捉え方も一部に受け入れつつ、ポジティブな変換ができていくような促しがいいですね」

メンタルが弱い子への声のかけ方

子ども自身の感情を受け入れつつ捉え方を変えていくために、現在、高校で不登校の支援を行っている関野さんが実践しているの”レジリエンス教育”です。

子どもの心を救うレジリエンス教育とは

レジリエンスとは、逆境や困難から立ち直る力のこと。誰もがもっているレジリエンスを育て、困難な状況に陥ったときでも自分で自分を奮い立たせて立ち直れるように育てていく教育のことをレジリエンス教育といいます。

レジリエンス教育で立て直し力を育む

レジリエンス教育のひとつが、子どもの視野を広げて、ネガティブにしか捉えられなかった物事に出合ったときも前向きになれるような考え方を増やしてあげることです。

「ネガティブな感情は捉え方が決めるといわれています。例えば、数学が苦手な子が先生から『明日数学のテストをします』と言われたとき、『いやだな』『どうせできない』というネガティブな捉え方をしてしまうと、憂鬱感や不安で何も手につかなくなってしまい、テストでもいい結果が残せません

つまり、ネガティブな状況が起こったときにネガティブな捉え方をすると、感情も行動もネガティブになり、結果もネガティブになってしまうのです。

「もしテストがあると聞いたときに『苦手だけど、できる所だけやってみようかな』という捉え方をしたら、不安や憂鬱だけでなくちょっとした意欲も生まれて、実力以上の結果は出なくても1日分努力した結果がプラスになるはずです。置かれた状況は同じなのに、捉え方によって感情も行動結果も変わっていくのです」

しかし、もともとネガティブ思考のある子は、なかなか捉え方を変えることはできませんよね。

「そこで、本人がネガティブな捉え方をしてしまっているときに、保護者が大人の広い視野で別の視点を助言をしてあげるっていうことが、家庭でのレジリエンス教育の1つになると思います。

例えば、もしテストに向けてがんばったとしても点数が悪かったとき、本人が『やっぱり私はダメだ』と言っていても、『ちゃんと苦手なことから逃げなかったのは、すごくいいと思うな』など、『今回失敗したから、次もできない』とならないように過程を認めてあげることが、心を鍛えるひとつだと思います」

メンタルが弱い子を変える声掛け例

ほかにも、どんな声がけがいいか関野さんに教えてもらいました。

【ケース①】「学校へ行きたくない」と言われたら…

「教えてくれてありがとう」

捉え方を変える声がけも、親子の信頼関係があってからのこそ。言われた保護者自身にも不安や焦りがあると思いますが、まずは不安を伝えてくれた勇気を認めてあげましょう

【ケース②】「〇〇なんて、きっとできない」と挑戦をしないとき…

「まずは〇〇から始めてみたらどうだろう?」

押し付けではなく、提案という形で子ども自身が「それならできるかも」と思える目標を設定してうまくいくことを経験させてあげ、子どもを無力感から引き上げてあげましょう。

【ケース③】失敗をして落ち込んでいるとき…

「くやしいね。でもよくがんばったね」

くやしい、悲しいという本人の気持ちを受け止めつつ、というがんばった過程を認めてあげましょう。

【ケース④】自信を失っているとき…

「あなたってやさしいところがあるよね」

性格的によいところをほめて自分自身のよさを伝えてあげましょう。

あなたも関野亜沙美さんに相談してみませんか?

ソクラテスのたまごの姉妹サービス「ウチのこは」なら、関野さんにあなたの悩みを直接相談できます(秘密厳守)。

関野亜沙美さんへの相談はこちらから

子どものメンタルを強くするトレーニング

ほかにも「人間には4つの心の筋肉(レジリエンスマッスル)があり、体を鍛えるように心を鍛えるトレーニングがあります」と関野さん。トレーニング法を聞きました。

心の4つの筋肉(レジリエンスマッスル)とは

4つの筋肉(レジリエンスマッスル)とは次の通りです。

  • I haveの筋肉

「私は○○を持っています」と言えるものがあるかどうか。信頼できる人、助けになってくれる人を持ってるかどうかが、心を鍛える上での1つになります。ソーシャルサポート。

  • I canの筋肉

「私は○○ができる」と思えるような気持ちを持つこと。自己効力。

  • I amの筋肉

自分の強みも弱みも認められることができること。自尊感情、自己肯定感。

  • I likeの筋肉

好きなものや好きなことがあるといえること。ポジティブ感情。

「この4つの心の筋肉が育っていくと、レジリエンスが高まるといわれています」

関野さんは、心の筋肉を鍛えるはじめの一歩として、アイハブ、アイキャン、アイアム、アイライクに当てはまるものを考えてみるように生徒たちに話すそうです。

「『自分の長所と短所言ってください』と言われてもすぐに思い浮かばないように、アイハブ、アイキャン、アイアム、アイライクもなかなか出てこないと思います。なので、日頃から家庭で声掛けをして子どもが自分自身のいいところを気付かせてあげたり、刷り込んでいってあげることは、心を強くする上ですごく大事なことだと思います」

関野さんおすすめ3つの声掛け

  • 「あなたはこういうことできるよね」
  • 「あなたはこういうところが長所だと思うよ」
  • 「あなたはこういうことが好きだよね」

「上記の声掛けをしていくことで、アイハブの信頼できる人、助けになってくれる人は親だと気付かせてあげながら、アイキャン、アイアム、アイライクも分かるようになり、4つの心の筋肉が自然と子どもの中で鍛えられていきます

とはいえ、わが子の短所は気になっても、長所は客観的に見ることができないという人もいるかもしれません。

「ものすごいことでなくてもいいです。例えば、”3年間、無遅刻・早退、無欠席””折り紙が得意”でもいいんです。誰かと比べるわけではなく、その子は当たり前だと思っていても、『私はなかなかできないことだと思っているよ』ということをちゃんと言語化して本人に届けてあげることが大事だなと思っています」

また、保護者自身が子どもの見方を変えることでいいところが見つかることもあります。

「子どもが家でゲームばかりしていると、『いつもゲームばっかりやって』『勉強もしないで』という言葉掛けが多いと思うかもしれませんが、ゲームをしているときの集中力だけをみれば、すごいですよね。だから嫌味に聞こえないように気をつけながら『その集中力すごいね』と、親自身が考え方を少し変えてポジティブな側面で見られるようにすると意外にいいところがみつかるかもしれません」

保護者はつい「大人になったら」「社会に出たら」という将来を見据えて、子どものネガティブな面をみて不安になってしまいますが、今の先に将来があります。まずは、今の子どもの感情と向き合い、心を強くしていく声掛けをコツコツ積み重ねていくのがいいかもしれません。

「保護者の方々は普段から子どものちょっとした変化に敏感だと思います。ですが、何か起きたときに急に話しかけても子どもは『何か企んでいるな』と身構えてしまいます

子どもに何か起きた時だけでなく、日常的に『今日は学校どうだった』など声掛けをするのが当たり前という関係性をつくることも大切です。『別に』という素っ気ない返事に傷つくこともあるかもしれませんが、声かけを生活の一部として取り入れるようにしてくださいね」

あなたも関野亜沙美さんに相談してみませんか?

ソクラテスのたまごの姉妹サービス「ウチのこは」なら、関野さんにあなたの悩みを直接相談できます(秘密厳守)。

関野亜沙美さんへの相談はこちらから

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena