教育は未知にあふれている

ソクラテスのたまご

2019.03.12

【学童の基礎知識:前編】利用するなら1年生から始めるべき?

内閣府によると共働き世帯数は2017年で1,188万世帯と、1980年代に比べて約2倍にも増加しました。今後、さらに共働き世帯が増えると予想されるなかで、小学生以下の小さな子どもの預け先は問題です。今回は、小学生の子どもの預け先として活用される「学童保育」とはどのような施設なのか、勤務経験のある筆者が紹介します。

  • rss
  • google
  • bing
学童保育ってどんな施設なの?

「児童クラブ」「学童クラブ」など自治体によって様々な呼び方のある学童保育。また、自治体が設立から運営までを一貫して行なっている「公設公営」と、自治体が設立したものをNPO団体や民間企業等が運営を委託される「公設民営」があります。では、学童保育とはどのような施設なのかについて簡単に説明しましょう。

 

厚生労働省の定める基準によると、学童保育では1集団(グループ)あたり40人以下とされており、1集団あたり2人以上の放課後支援員を配置する必要があります。放課後支援員とは、保育士や社会福祉士など保育・教育などに関する有資格者のことです。

 

ただし、放課後支援員の2人のうち1人は、資格を取得していない補助員での代替が可能。 つまり30〜40人の児童に対して、保育する大人が2人いれば厚生労働省の基準では問題はありません。

 

筆者の知っている学童保育では。1集団あたり5人以上の大人で対応していましたが、施設によっては支援員や補助員の人数を確保できていないところもあるようです。

 

もし、子どもを学童保育に預けるのであれば、その施設の運営状況について確認しておくことをおすすめします。

 

 

学童保育は小学生なら誰でも利用できるの?

原則的に学童保育を利用できるのは、仕事や傷病などの明確な理由があり、昼間に保護者が保育できない家庭です。2015年3月まで、学童保育を利用できるのは小学校1〜3年生とされましたが、現在は、制度改正により6年生まで利用できるようになりました。

 

しかし、施設ごとに受け入れられる人数には限界があるため、細かな入所の条件については自治体や施設ごとに任されている部分があります。例えば、筆者の関わっていた施設では、まずは従来通りに1年生〜3年生までを優先していました。それでも受け入れ人数をオーバーしそうなときには、保護者の月の勤務日数や就労時間、家族構成で審査することも。

 

下校時間までに保護者が帰宅できるのであれば、祖父母の家が近くにあり保護者の代わりに面倒を見れるのであれば学童保育の必要性は低いと判断されます。また、学年が上がるごとに1人で過ごす力も身につくため、希望者の人数が多いときには低学年が優先されるのです。

 

ちなみに、自治体が運営までを一貫している施設、学校に隣接している施設は利用者の集中しやすいため審査に通りにくいことがあります。審査は公平に進められるだけに「こうすれば通りやすい!」という裏技はないので、どうしても利用したいときは複数の施設に申し込むと安心です。

 

 

学童保育を利用するなら1年生からが王道!?

定員数に余裕さえあれば、学童保育はいつでも申し込みを受け入れています。ただ、来年度に向けて児童の人数を把握しておかないと運営側の準備ができないため、10〜11月ごろには申し込みが開始され、12〜1月には締め切られるのが一般的です。

 

申し込み先は、管轄の自治体または、対象の施設の場合が多いようです。また、申し込みの時期になると多くの施設で見学会や説明会が実施されます。子どもが毎日通うことになる空間の雰囲気を確かめておくのもいいでしょう。

 

筆者が支援員だったころ、保護者から「2、3年生からでも申し込めますよね?」と質問されることが何度かありました。先述のように、厚労省の定めたルールでは学童保育は6年生までが利用できるので2年生以降でも申し込みは可能です。

 

しかし、個人的な意見としてはできれば1年生からがおすすめです。と言うのも、大抵の学童保育はすでに利用している児童を優先します。もし、来年度もほとんどの児童が利用し続けるとすると2年生になったときに利用できる可能性は低くなります。

 

学童保育は施設によって利用条件も環境も様々なだけに、利用を検討している方はまず管轄の自治体や施設に問い合わせをして情報収集するところから始めていただければと思います。

 

堀本一徳

堀本 一徳

ライター、デザイナー、カメラマン。大学在学中に小中高の教員免許を取得。児童相談所、学童保育所での指導経験をもとに教育に関する情報を発信している。普段はライターのかたわら、ウェブデザイナーやカメラマンとしても活動。TRUNK.(http://studio-trunk.jp/)

\ SNSでシェアしよう /

  • rss
  • google
  • bing
  • この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします