• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.12.09

毎年「灘中合格」に生徒を導く人気講師が教える、中学入試で「図形を得点源」にする方法

「問題集が難しくて途中で挫折した」「解答・解説を読んで理解したつもりだったのに同じような問題が解けなかった」……これらは中学受験を見据えるお子さんが直面しがちなハードルです。難関中学になるほど問題のレベルも上がるので、効率の良い対策が不可欠! 今回は、図形を得点源にするための問題集をご紹介します。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

算数星人が作成した50の良問

「中学入試 ひとりでできる良問50 算数・図形編」は、2022年11月18日に、株式会社 学研ホールディングスから発売された問題集です。

「中学入試 ひとりでできる良問50 算数・図形編」(PR TIMES)

“問題集”と聞くとなんだか難しそうなイメージですが、本書はクイズ感覚でできるのが特徴。

一般的な問題集は、1ページに問題が何問も詰め込まれていますよね。でも「中学入試 ひとりでできる良問50 算数・図形編」は、1ページ1問を徹底! シンプルなレイアウトなので、算数が苦手なお子さんでもスムーズに取り組めるでしょう。

「中学入試 ひとりでできる良問50 算数・図形編」の問題例(PR TIMES)

もちろん、掲載されている問題はすべて中学入試対策向け。ハイレベルな問題も、クイズ感覚ならサクッとクリアできそう!

著者はカワタケイタさん。カワタさんは、中学受験向けの算数のスペシャリスト! 関西の算数教室で中学受験の算数を指導していたり、通信教育の算数を担当していたり、インターネットに算数問題サイトを立ち上げたり……。うーん、算数への愛と情熱がひしひしと伝わってきますね。

彼は指導力にも定評があり、灘中などの最難関中合格者を毎年何名も輩出しているそうです。

自身のことを“算数星人”と呼ぶほど、とにかく算数が大好きなカワタさん。そんなカワタさんが今回満を持して執筆したのが「中学入試 ひとりでできる良問50 算数・図形編」です。

本書に掲載されているのは、算数星人が作成した50の良問。「角度/長さ・面積/相似・比/図形の移動/体積・表面積/複雑な立体」の6章で構成されているそうです。すべて中学受験向けのオリジナルなので、教科書とは違った実践的な対策ができそうですね。

まずはヒント。最初から答えを教えない

「中学入試 ひとりでできる良問50 算数・図形編」の大きな特徴は、ヒントがついているということ。

一般的な問題集は、回答と解説が同じページに収録されていることがほとんどでしょう。しかし「中学入試 ひとりでできる良問50 算数・図形編」は、問題の裏ページにヒントを記載。最初から答えを教えないことで、“自ら考える力”を伸ばしていきます。

「中学入試 ひとりでできる良問50 算数・図形編」のヒント例(PR TIMES)

なお、ヒントの下には類題もつけてあるそう。問題が解けたら類題にもチャレンジして、さらに理解を深められます。

巻末には過去に出題された入試問題も収録してあるので、問題をすべて解き終えたら、本書で得た知識をフル活用して挑んでみましょう!

全ページオールカラー、解説の重要部分はマーカーで強調。ごちゃごちゃしがちな解説も、すっきりと読める工夫がふんだんに施されているそうですよ。

「中学入試 ひとりでできる良問50 算数・図形編」は、毎年多くの生徒を「灘中合格」へと導いてきた“算数星人”が執筆したもの。

人気講師が選りすぐった50の良問で、ぜひ図形を得点源にしてください。得た知識や考える力は、きっと志望校合格への足掛かりになるでしょう。

<参考>
考える力が自然に身につく「中学入試 ひとりでできる良問50 算数・図形編」発売!(PR TIMES)

「ソクラテスのたまご」編集部

「ソクラテスのたまご」編集部

教育に関する有識者の皆さまと一緒に、子を持つお父さん・お母さんでもある「ソクラテスのたまご」編集部のメンバーが、子どものために大人が知っておきたいさまざまな情報を発信していきます。

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena