• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.09.14

地頭が育つ「中学受験の理科」の入門書に、大人も“どハマり”する理由

理科、得意ですか? 「昔から苦手」という方もいれば、「得意ではないけれど好き」という方もいるでしょう。9月10日に理科に楽しく関われる科学実験本が発売されました。実験を中学入試の問題も掲載されているので、「この実験が試験ではこう出題されるのか」と理解を深めるきっかけにもなりますよ。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

麻布、開成、女子学院などの過去問も収録

『本当はおもしろい中学入試の理科 科学実験でスラスラわかる!』は、2022年9月10日(土)に株式会社 大和書房から発売された本です。

『本当はおもしろい中学入試の理科 科学実験でスラスラわかる!』(大和書房)

安浪京子先生(中学受験専門カウンセラー/プロ家庭教師)や梶山正明先生(前筑波大学附属駒場中学校高等学校副校長・筑波大学教授)も推薦しているほど、掲載内容は本格的。

しかし、決して難しくはありません!

収録されている科学実験は、すべて家にある材料でできるもの。たとえば「植物の種の模型を作ってみよう」の実験において、必要なものはハサミ・おりがみ・ホッチキスの3点のみ。専用の実験キットをわざわざ買いに出かけなくて済むなんて、とても助かりますね!

なお『本当はおもしろい中学入試の理科 科学実験でスラスラわかる!』の対象年齢は、小学3年生以上を目安にしています。ふりがながついているので、習っていない漢字でも安心ですよ。

もちろん、中学入試を控えた高学年にもおすすめ。麻布、開成、女子学院などの過去問が収録されているので、「問題」と「実験」をスムーズに頭の中でつなげられるでしょう。

受験理科の入り口にもぴったり!(PR TIMES

子どもの素朴な質問を実験で解明!

「空の色はどうして青いの?」「虹はどうしてできるの?」などと考えたり、子どもに質問されたりしたことはありますか?

ファンタジーな答えを出すこともできますが、これらは実験で解き明かせます!

たっぷりのカラー写真に、子どもはもちろん、大人も夢中になる方が続出中。

理科が苦手という方でも、知識がなくても大丈夫です。『本当はおもしろい中学入試の理科 科学実験でスラスラわかる!』の実験たちが、「おもしろい!」「もっと知りたい!」という知的好奇心をグイグイ引き出してくれるでしょう。

理科が苦手だった親もハマるわけ

『本当はおもしろい中学入試の理科 科学実験でスラスラわかる!』は全160ページの大ボリューム。

一例ですが、収録されている実験を紹介しますね。

  • 風はどこから吹いてくる? 温度のちがいによる動きの変化を知ろう
  • 紙コップギターを作って、音が伝わる仕組みを知ろう
  • お風呂で温かいお湯が上、冷たいお湯が下にくるのはなぜ?
  • シャボン玉が落ちずに浮かび続けるのはなぜ?
「風はどこから吹いてくる?」の実験(PR TIMES
「酸性とアルカリ性が出会うと起きる化学反応」の実験(PR TIMES
「音が伝わる仕組み」の実験(PR TIMES

どの実験も、親子で夢中になるほど間違いなし。「大人のほうが先にハマってしまった」というご家庭も多いようですよ。

「こうしたらどうなるのかな?」と考えて実行することで、思考力を身につけたり地頭を育てたりすることにつながるはず。

「理科好き!」へのきっかけとして、あるいは「中学受験の理科」の入門書として、ぜひ『本当はおもしろい中学入試の理科 科学実験でスラスラわかる!』を活用してみてはいかがでしょうか?

たくさんの実験を通して、自然に理科脳が育っていくでしょう。「こうしたらどうなるかな?」なんて、ぜひ親子でいろいろ楽しんでくださいね。

株式会社大和書房 安浪京子先生、梶山正明先生絶賛!大人も子供も楽しめる『本当はおもしろい中学入試の理科 科学実験でスラスラわかる! 』(9/10発売!)(PR TIMES)

「ソクラテスのたまご」編集部

「ソクラテスのたまご」編集部

教育に関する有識者の皆さまと一緒に、子を持つお父さん・お母さんでもある「ソクラテスのたまご」編集部のメンバーが、子どものために大人が知っておきたいさまざまな情報を発信していきます。

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena