• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.02.05

ランドセルの販売を始めるおしゃれブランドとは?大人顔負けのデザインが話題!

ここ数年、ランドセルを購入するまでの検討期間、いわゆる「ラン活」のスタート時期が早まっています。一般社団法人 日本鞄協会 ランドセル工業会の調査では、2021年4月入学の新1年生の約半分が、入学1年前の3〜4月から検討を始めており、夏ごろには決定、購入をしていたことが分かっています。
ランドセルの形や色が多様化している時代、いろんな選択肢があるからこそ、子どもも大人も納得できるものを選びたいですよね。
今回は、パパママ世代に人気のブランドから今年初めて発売される、“お友達と被らない”大人顔負けのおしゃれなランドセルを紹介します。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

GLRから各色限定50個のランドセルが発売!

「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing、GLR)」を運営するユナイテッドアローズといえば、BEAMS(ビームス)、SHIPS(シップス)とともに“セレクトショップの御三家”と言われる会社の一つ。

セレクトショップ「ユナイテッドアローズ」に並ぶハイセンスな衣類や小物に憧れた(憧れている)、あるいは購入していた(いる)というパパママもいるのではないでしょうか。

「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」は、ユナイテッドアローズが展開するレーベルの一つで、トレンドを押さえつつライフスタイルにあった心地よいアイテムを提案しているアパレルブランドです。

現在では、メンズ・レディースの大人服はもちろん、ベビー(50cm〜)からジュニア(〜160cm)サイズの衣類・雑貨も展開しており、家族全員のおしゃれをサポートできるカジュアルブランドとして人気を集めています。

そんなユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングから登場するランドセルは、老舗ランドセルメーカー「ランドセル工房 生田」とのコラボ商品。2023年小学校入学のお子様に向けた商品で、2022年3月上旬からユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングの一部店舗等において展示、予約受付が開始されます。

注目ポイントは、発売されるローズ、キャメル、ブラックとも「各50点」の限定品だということ。全3色を合わせても全国に150点しかないので、“お友達と被る”ことがほぼありません。また、ユナイテッドアローズが展開するランドセルとあって、デザイン性も抜群です。

GLRがコラボする「ランドセル工房 生田」とは

それでは今回、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングがコラボする「ランドセル工房 生田」とは、どのような工房で、ランドセルにはどのような特長があるのでしょうか?

「ランドセル工房 生田」は、1950年創業の老舗ランドセルメーカー「株式会社生田」のブランドです。

ランドセル工房 生田では、革の選定から縫い付けまで全ての工程が熟練の職人によって自社工房で行なわれています。そのため、年間のランドセルの生産は5000点と決して多くはありません。ひとつひとつのランドセルが丁寧に作られているということが分かりますね。

ランドセル工房 生田のランドセルの特長はなんといってもその品質。丈夫で背負いやすいことはもちろん、美しく滑らかな見た目は、大人も欲しくなってしまうほど。「コバ塗り」(裁断面を削り、ニスを塗り、バフを掛けて、サンドペーパーで磨き、再びニスを塗るという工程を、美しい光沢が出るまで繰り返す)という希少な技術によって、大量生産には真似できない美しさを実現しているそうです。

また、公式サイトからは“一点モノ”のオーダーメイドランドセルを作ることができるので、「親子のこだわりを形にしたい」「他の子と被らないランドセルが欲しい」と思っている保護者にも人気です。

公式サイトには、「自分だけのランドセルが作れる」「保証が充実している」「Twitterで職人さんの顔や、作業風景を発信されているので安心感がある」といった良い評判や口コミが多く寄せられています。

GLRキッズ×ランドセル工房 生田のランドセルの特長

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング キッズ×ランドセル工房 生田のランドセルは、ローズ、キャメル、ブラックの3色展開。価格は各色69,960円(税込)。

コラボランドセルにも前述の「コバ塗り」が採用されており、ベーシックなカラーを引き立てる美しいツヤと、定番色でありながら長く使っても飽きることのないデザインは他のランドセル工房 生田のランドセルと同じです。もちろん本革で作られているので、丈夫で壊れにくいことも大きなポイントです。

ランドセルのカブセ(ふた)のアクセントとなる重要なパーツ、鋲(びょう)は、コラボランドセルのために作られたユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング オリジナルデザイン。ギラっと主張しすぎない“いぶし”の風合いで、こなれ感があります。さりげない輝きで品のよさを漂わせます。

内装は、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングのオケージョンアイテムの柄として人気の「ブラックウォッチ」というチェック柄をベースに、オリジナルで起こしたデザイン。ネイビーをベースにライトブルーを差し色としてプラスしており、こちらもまた上品な雰囲気を演出しています。

さらに、背面にはGLRのブランドネームの刻印、オリジナルデザインのお名前ネームと時間割表がついてきます。

計算し尽くされたデザインに加えて、使い心地も抜群。立ち上がり式肩ベルトが採用されているため、使い始めからお子さんの体にしっかりフィットしてくれます。腕通しも良く、まだランドセルを背負い慣れていない新1年生でも、ひとりでラクに背負うことができるでしょう。

定番のスタイルでありながら、両ブランドの持ち味が最大限に生かされており、6年間子どもが使い続けることが想定された、飽きのこないシンプルかつハイセンスなデザインは、子どもにとってはもちろん、購入する保護者にとっても魅力的なのではないでしょうか。

そのほか、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングと生田のタグつき内袋がついており、ランドセル内の荷物の仕切りに役立てることができます。

また、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングの店舗で予約をすると、オリジナルネームプレートがもらえます。(※オプション料金として2,000円が必要)

GLRランドセルの購入方法

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング キッズ×ランドセル工房 生田のランドセルは、2022年3月上旬より、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 二子玉川ライズ店、ららぽーと豊洲店、浦和パルコ店、星が丘テラス店、西宮ガーデンズ店にて展示会と予約受付が開始されます。

スケジュールの詳細は2022年2月下旬公式サイトなどで案内されるようなので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。お近くに店舗がない方も、ユナイテッドアローズオンラインストアから購入できますよ。(※ランドセルは2022年9月以降に順次お届け予定)。

ランドセルは6年間使うものの基本的には買い替えはしない、まさに一生に一度のお買い物。6年間わが子と一緒に過ごすものなので、お子さんはもちろん、保護者も納得のいくものを購入したいと思われているのではないでしょうか。

人気ブランドの大人顔負けのデザイン性と老舗ブランドの品質がタッグを組んだコラボランドセルは、おしゃれ感度の高いお子さんにはもちろん、どんなものにしようか迷っているというお子さんにもぴったりです。

「そろそろラン活を始めようかな」と考えている保護者の方は、ぜひこのランドセルを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

<参考資料>
PR TIMES「「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」がランドセルを企画・販売」
ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(ブランドサイト)
ランドセル工房 生田 HP
一般社団法人 日本鞄協会 ランドセル工業会 ランドセルくらぶ「ランドセル購入に関する調査2021年」

<構成:ソクラテスのたまご編集部、執筆:マサキヨウコ>

「ソクラテスのたまご」編集部

「ソクラテスのたまご」編集部

教育に関する有識者の皆さまと一緒に、子を持つお父さん・お母さんでもある「ソクラテスのたまご」編集部のメンバーが、子どものために大人が知っておきたいさまざまな情報を発信していきます。

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena