• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.09.18

貧乏神も攻撃カードも出てこない!?2023年リリースの「桃鉄」が様変わり

1988年の第1作発売以来、30年以上にわたり、不動の人気を誇る「桃鉄(桃太郎電鉄)」。保護者世代が楽しんだゲームを、今では親子で楽しんでいるなんて、なんだか不思議でうれしいですね。
そんな桃鉄を手がけるコナミが、桃鉄の「教育版」を制作し、学校教育機関向けに無償提供することを発表。なんと教育版には、名物の“貧乏神”が出現しないのだとか…!

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

桃鉄が学校教材に!

桃鉄は娯楽ゲームですが、その一方で「経済に興味を持つきっかけになった」「地理に詳しくなった」など勉強的な側面も評価されています。

そこでコナミは、『桃太郎電鉄 教育版』(『桃太郎電鉄 教育版Lite ~日本っておもしろい!~(以下、桃太郎電鉄 教育版)』)の制作に着手。“学校などの授業で桃鉄を活用してもらいたい”との思いから、無償でさまざまな教育機関に提供するそうです。なんて太っ腹……!

アドバイザーとして開発に協力した小学校教諭で、Global Teacher Prize 2019 Top10に選ばれた正頭英和先生は、教育版の桃鉄についてこのように述べています。

満たされた現代社会において、子どもたちは学びの意欲を維持し続けることが難しくなっています。今の時代に重要なのは、「頑張って勉強しよう!」ではなく「いつの間にか学んでいた」という環境を作ること。『桃太郎電鉄 教育版』を通して、子どもたちの「笑顔」と「いつの間にか学んでいた」の総量が増えて、エデュテイメント(エンターテイメント+エデュケーション)がもっと浸透していけばいいなと思っています。

教育版の桃鉄の提供は、2023年からを予定しているそう。桃鉄で学んだ子どもたちは、地理のテストで高得点連発かもしれません…!

教育版の桃鉄に貧乏神が出ないわけ

教育版の桃鉄は、従来のゲームの要素を織り交ぜながらも、自然と学習できるように工夫されています。

プレーの対象地域が選択できる

教育版の桃鉄では、授業内容に合わせて、「日本全国」をはじめ「北海道」から「九州・沖縄」まで7つの地域から選択できます。

自分の住んでいる地域はもちろん、行ってみたかったあの場所も、クラスメイトたちとプチ旅行気分で楽しめそう。授業時間に応じてプレー時間も設定できます。

日本の7地域、および全国の8つから選択してプレーできる(PR TIMES

地域の情報に詳しくなれる

止まった駅のある地域の基本情報が表示されるほか、マップ上のアイコンから観光地・特産品・史跡などの情報を見たりすることもできます。もしかしたら、次の家族旅行の候補地が決まるかもしれませんね。

止まった駅やその周辺の特産品、観光地、史跡などを表示(PR TIMES

トラブル要素を徹底排除

桃鉄といえば、貧乏神。しかし教育版の桃鉄には貧乏神が出現しません。また、特定の誰かに攻撃カードを使うこともできません

これらはすべて、子ども同士のトラブルを排除するため。教育目的で開発されたゲームなので、誰もが安心安全に楽しめるように工夫されているのです。

教育版では桃鉄名物の貧乏神は出てこない(PR TIMES

桃鉄で京大に!?高学歴ミュージシャンもプレーしてた

ミュージシャンであるヒャダインさんは、教育版の桃鉄の発売にあたり、「僕ら世代は、全部地理は桃鉄で覚えました。僕は、京大まで行けちゃいました」とコメントしています。

一般の方からも、「簡単な算数や統計的感覚が身につくのもいい」「日本の地名や駅名、名産品を覚えることができて、詳細な日本地図が頭に入ります」など支持多数!

教育版の桃鉄は、まさにエデュテイメント(エンターテイメント+エデュケーション)。定期テストや受験の心強い味方になってくれるでしょう。

教育版の桃鉄が提供される日が待ち遠しいですね!

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント

<参考資料>
株式会社コナミデジタルエンタテインメント「桃太郎電鉄 教育版」に関するお知らせ今冬より全国の学校教育機関に向けて無償で提供(PR TIMES)
桃太郎電鉄公式HP

「ソクラテスのたまご」編集部

「ソクラテスのたまご」編集部

教育に関する有識者の皆さまと一緒に、子を持つお父さん・お母さんでもある「ソクラテスのたまご」編集部のメンバーが、子どものために大人が知っておきたいさまざまな情報を発信していきます。

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena