• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.06.13

ここが変だよ、ウチの校則。小中学生がうんざりする、学校のおかしなルール

校則は、それぞれの学校が独自に決めるもの。そのため、「どうして?」と言いたくなるような校則も存在します。
ニフティ株式会社が、小中学生を対象に校則についてのアンケート調査をおこなったそう。その結果を元に、校則のあり方について考えていきましょう。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

小学生が「おかしい」と思う校則は?

まずは小学生から。小学生のアンケート結果はこちらです。

PR TIMES

小学生でダントツに多いのは、文房具に関すること。

キャラクターものは禁止だし、蛍光ペン・ボールペン・シャープペンを持ってくるのも禁止

5年生からしか付箋は持ってきてはいけない決まりになっていて、4年生の頃にすごく困りました……

ポーチタイプの筆箱がダメで、四角い筆箱じゃないといけない決まり

……など、たくさんの声が寄せられたそうです。

ちなみに、筆者の子ども(小学2年生)が通う小学校も、「シャープペン禁止」です。

しかしこっそりシャープペンを持ってくる子はいて、そのたびにダメな理由を先生が説明するようですが、「先がとがっていて目に入ると危ないから」「コンセントに差し込んで遊ぶといけないから」など、どれも納得できないような答え。

赤ちゃんじゃないんだから、そんなことはしないでしょう……。本音は他にありそうな気がしています。

中学生が「おかしい」と思う校則は?

続いて中学生。思春期ということもあり、外見についての回答がメインとなっています。

PR TIMES

「髪型」の内訳は、「ゴムの色の指定」「結ぶ位置や結び方の指定」「前髪の長さの指定」「ツーブロック禁止」「髪を染めることの禁止」などが挙げられていました。

筆者が中学生のころは、ゴムの色は黒と決められていました。茶色のゴムを使う子もいましたが、今思えばそういう子は「おしゃれ!」と男子にモテていましたね(笑)。

また「服装」の内訳は、「くつ下の色や長さの指定」「スカートの長さ」「セーターやカーディガンの色や種類の指定」などです。

おしゃれに目覚める年ごろなのだから、そんなに厳しくしなくても良いような……。指定の制服があるのだから、せめて靴下くらいは自由にさせてほしいという中学生の気持ちも、何となく分かります。

校則をこんなふうに変えたい! リアルな声を紹介

アンケートによると、校則に不満を抱えている学生の割合は、小学生74%、中学生88%でした。

ニフティ株式会社には、学生たちの切実な声が寄せられたそうです。

髪型とか服装とか、外見についての校則はなし。その代わり、礼儀はしっかりするっていう校則を作る

髪は染めるのは禁止すべきだけど、長さは自由でいい。制服に黒い靴下・体操服に黒い靴下もOK。下着も派手なものでなければ色は自由!

中には、「1年ごとに決まりや校則について生徒からアンケートをとって、代表委員と先生でどうするか話し合う」といったアイデアもありました。

時代と共に、価値観も変容します。創立当初に設けられた校則は、今の時代に即さないこともあるでしょう。実際のアンケートを元に先生と話し合うというのは、とても良いアイデアですね!

埼玉県の小学校は、6年生が校則を考える!?

埼玉県の、戸田市立新曽小学校。

実はこの学校、昨年度に「6年生が校則を考える」という取り組みをおこなったそうです。

「シャープペンを使いたい」「カラー消しゴムを使いたい」「スポーツドリンクを飲みたい」「登校時間を遅くしたい」の声がアンケートで多く寄せられたので、この4項目について6年生と先生で話し合ったとか。

その結果、

  • 「シャープペンを使いたい」⇒3月のみOK
  • 「カラー消しゴムを使いたい」⇒奪い合いなどトラブルが起きるまでは使用可
  • 「スポーツドリンクを飲みたい」⇒夏限定での許可へ向けて引き続き話し合い
  • 「登校時間を遅くしたい」⇒引き続き話し合い

……になったそうです。

条件付きとはいえ、小学生の不満第1位「文房具」の校則を変更できたのは、まさに大きな収穫! 自分たちの力で何かを変えた経験は、子どもたちにとっても大きな財産になるでしょう。

筆者はこれを受けて、子どもと「どんな校則をどう変えたいか」について少し話し合いました。

子どもから出た意見は、「仲良しの子と同じクラスになりたいから自分でクラスを決めたい」そうです。うーん、確かに。

私は、「担任の先生を選べるようにしたい」と言いました。「担任ガチャ」は本当に運ですから……(苦笑)。

PR TIMES

今回の調査によって、昔から変わらない、どうでもいいような校則がたくさんあることが分かりました。

子どもたちが「学校好き!」になるためには、子どもたちが快適と思える環境づくりも大切ではないでしょうか。生徒と先生で話し合いながら、時代に合った校則・ルールをつくっていけたら良いですね。

<参考資料>

ニフティ株式会社【調査結果】小中学生の約8割が「おかしいと思う決まり・校則がある」と回答~「キッズ@nifty」にて「校則」についての調査を実施~(PR TIMES) 

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE