• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.05.10

まるで小学生版「ガイアの夜明け」。子どものためのビジネス番組が配信スタート!

ビジネスの最前線が分かる番組として、大人に人気の「ガイアの夜明け」。その小学生版ともいえる子ども向けのニュース番組が、2022年5月14日から月に1度配信されます。Zoom配信なので視聴は無料。将来のヒントに、ビジネスを知るきっかけに、親子で視聴してはいかがでしょうか。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

新番組「こども探究チャンネル-面白いビジネス最前線編」

子ども向けの「教育×オンライン」分野で日本最大級のプラットフォーム「キッズウィークエンド」が、「こども探究チャンネル」の配信を2022年5月にスタートすると発表しました。

「こども探究チャンネル」は、いわば子ども向けのニュース番組。……とはいえ、一方的に情報を流すだけでないのがポイントです。

Zoom配信という特性を利用して、配信側と参加者はリアルタイムでやり取りが可能。質問や意見があれば、チャットボックスからどしどし送ることができます。

「こども探究チャンネル」の番組内容は?

「こども探究チャンネル」では、基本的にビジネスにまつわる事柄を学ぶことができます。シリーズ化が予定されているので、お子さんが興味を持つ分野もきっと見つかるでしょう。

第1弾で特集されるのは、「面白いビジネス最前線編」

世間で話題沸騰中のサービスや商品について深堀りする番組です。開発のきっかけやビジネスにおける位置づけ、またその商品が私たちの生活をどのように支えて未来をどのように変えていくのか……などを、小学生でもわかりやすいように伝えてくれます。

PR TIMES

初回放送の5月14日 (土)は、カレーでおなじみのハウス食品グループを紹介。「生で食べても辛くない・切っても涙が出ないタマネギ『スマイルボール』」の開発秘話は、子どもはもちろん親も興味を惹かれることでしょう。

このように、「こども探究チャンネル」では、世の中の「こんな商品(サービス)があったらいいな」の実現体験談を知ることができます。なかでも企業担当者による開発秘話では、「商品化するまでには試行錯誤の連続だった」「何度も諦めかけた」など、ポンと市場に置かれた商品からは想像もできない「裏話」を聞くことができるでしょう。

それらはすべて、お子さんの将来におけるヒントになるはず。視聴を終えた後は、子どもならではの純真な視点で、目からウロコのアイデアを思いつくかもしれませんね。

社会で活躍する人材になるには、自ら問いを立てて、積極的に行動する姿勢が必要です。子ども向けニュース番組なら、子どもが興味を持ちそうな分野をテーマにしているので、自然と好奇心・探究心が駆り立てられるはず。「普段はアニメばかりでニュースを観ない」というお子さんにもおすすめですよ。

今回のハウス食品のタマネギ『スマイルボール」のように、「こども探究チャンネル」でクローズアップされる商品(サービス)は、どれも身近なものばかり。ビジネスというと難しく感じがちですが、実際は身近にビジネスがあふれていることがわかるでしょう。

ビジネスにつながるテーマの探し方や、実現までの道のり。「こども探究チャンネル」を観れば、きっと将来につながる「何か」が得られるはずです。

「こども探究チャンネル」の配信日時は?

「こども探究チャンネル」は、シリーズ化が予定されています。

初回配信日は、5月14日(土)17:00~17:30。30分番組なので、低学年のお子さんも飽きずに観られます。その後は、月1回の配信です。

将来、日本のビジネスを背負う子どもたちだからこそ、家庭での早期教育で「ビジネス脳」を育てませんか?

詳細はこちら

  • 配信タイトル:「キッズウィークエンド こども探究チャンネル-面白いビジネス最前線編」
  • 初回放送内容:「すごいぞ!辛くないタマネギ!誕生までのヒミツを探求」
  • 日時:2022年5月14日(土)17:00-17:30
  • 詳細/募集ページ:https://www.kidsweekend.jp/portal/events/CA1115EF
  • 視聴料:無料
  • 視聴方法:募集ページより申し込みの上、オンライン配信ツールzoom上で視聴
  • 協力:ハウス食品グループ本社株式会社
  • キャスター:遠藤萌美(フリーアナウンサー)

<参考資料>
キッズウィークエンド株式会社「【新番組】ビジネスの最前線を「小学生」に伝えるニュース番組、5/14(土)17:00スタート。「こども探究チャンネル-面白いビジネス最前線編」を月1回配信予定。」(PR TIMES)

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE