• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.04.22

東大でも京大でもない、3年連続“教育力”トップの大学は?「THE世界大学ランキング日本版2022」

お子さんの進路、決まっていますか? 希望の仕事に就き、社会で生き抜く力を身につけるために、大学選びが重要であることは言うまでもありません。
そこでチェックしておきたいのが、大学の教育力が分かる「THE世界大学ランキング日本版2022」。ランキングの結果を、ぜひ受験や進路の参考にしてくださいね。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

「THE世界大学ランキング日本版2022」とは

「THE世界大学ランキング日本版2022」とは、教育業界大手のベネッセグループによって発表されているランキングです。

このランキングは、ベネッセの独自のものではなく、英国の権威ある機関とのコラボレーションで実現したものだという点がポイント。

世界的に有名な英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(通称THE)」とベネッセは、2016年に業務提携契約を締結。その後、互いに協力し合いながら、毎年最新の大学ランキング日本版を公表し続けています。

「THE世界大学ランキング日本版2022」は、日本の教育事情を加味しながら、大学の“教育力”に軸を置いてランク付けしているのが特徴です。

つまり偏差値にとらわれず、「いかに学生の質を上げられる大学か」「在学中にいかに学生を成長させられたか」に焦点を当てたランキングになっているのです。

「THE世界大学ランキング日本版2022」の結果

2022年度において、分析対象になった大学の数は273校。

「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4つの評価基準において、それぞれ20位以内にランクインした大学を一覧で見ていきましょう。

PR TIMES

昨年も上位にランクインした“常連”もいれば、ランク外から急上昇した大学も見受けられますね。

「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」についての具体的な項目は、以下の通りです。

PR TIMES

それぞれの項目が、さまざまな観点から評価されているのがわかりますね。たとえば「教育リソース」は単純な数値だけで分析していますが、「教育成果」では周囲からの評判がベースになっています。

評判が良い大学で学びたいのか、それとも教員の数が多いほうが良いのか、あるいは外国人との交流機会を重視したいのか…など、ランキングの結果は大学選びのヒントになるでしょう。

PR TIMES

「THE世界大学ランキング日本版2022」でわかること

コロナ禍の昨今、私たちを取り巻く世界は大きく変わりました。THEのチーフを務めるPhil Batyさんは、ランキングの結果を受けてこのように述べています(以下コメント、PR TIMESより引用)。

「世界的なパンデミックによって社会に大きな混乱が生じたにもかかわらず、全般的にランキング上位層が概ね安定しているのも喜ばしいことです。この安定性は、日本の一流大学の回復力と不屈の精神の証です。」

Phil Batyさんは、特に東北大学を名指しで賞賛しています。「日本の大学にとって非常に困難なこの時期に、3年連続でランキングトップの座を維持した東北大学は称賛に価します。このような一貫した卓越性の実証は、歓迎されるべきことです。」

「THE世界大学ランキング日本版2022」の結果は、あくまで目安でしかありません。しかしランクインした大学で学ぶ学生たちの生き生きとした表情や、卒業後の活躍を考えても、信頼に値する結果であることは間違いないでしょう。

進路は、三者三様よりどりみどり。さあ、あなたはどの大学を選びますか?

<参考資料>
株式会社ベネッセホールディングス「THE世界大学ランキング日本版2022」発表(PR TIMES)
「THE世界大学ランキング 日本版」日本語公式サイト

「ソクラテスのたまご」編集部

「ソクラテスのたまご」編集部

教育に関する有識者の皆さまと一緒に、子を持つお父さん・お母さんでもある「ソクラテスのたまご」編集部のメンバーが、子どものために大人が知っておきたいさまざまな情報を発信していきます。

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena