• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.03.11

春休みの読書におすすめ! 全国の小学生が選んだ「こどもの本総選挙」ベスト10を発表

NPO法人こどもの本総選挙事務局が、全国の小学生に「今まで読んだ中で1番好きな本」を投票してもらうイベント「こどもの本総選挙」の結果を発表しました。16万人の子どもたちが「一番好き!」と指名した10冊の本。本好きなお子さんはもちろん、読書ビギナーのお子さんにもおすすめですよ。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

春休み、お子さんとどう過ごしますか? 

新型コロナウィルスはまだまだ収束する気配がないため、おうちで過ごすご家庭も多いかもしれません。

おうち時間を充実させるために、親子で話題の本を読んでみてはいかがでしょうか。本にあまり興味がない子どもでも、小学生に人気の本なら積極的に読んでくれるかもしれませんよ。

「こどもの本総選挙」とは

「こどもの本総選挙」は、NPO法人こどもの本総選挙事務局が、子どもたちに素敵な「本」との出会いや豊かな読書体験を届けることを目的に、“小学生に今、支持されている本”を発表している企画です。

全国の小学生が投票した「一番好きな本」が、ランキング形式で発表されます。2022年2月11日に発表された「こどもの本総選挙」は第3回目で、これまでに35万人以上の小学生が参加しています。

「こどもの本総選挙」ベスト10

2022年2月11日に発表されたばかりの、第3回「こどもの本総選挙」ベスト10の結果を見ていきましょう!

グランプリ:『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』/偕成社

NHKでも放映している、『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』。特に女の子たちからの圧倒的な支持を得て、栄えある1位に輝きました。

「ふしぎな駄菓子屋、銭天堂。そこで売られているお菓子は、使い方や食べ方を間違えると大変なことに…」という、大人もワクワクするあらすじ。

2位:『ざんねんないきもの辞典』/高橋書店

何作も刊行されている、ざんねんないきものシリーズ。

『ただ動物のことを「かっこいいな」とか「かわいいな」と思っていたけど、外見だけではない面白さを見みつけた。』というのは投票した小学4年生のコメント。

よく知っている生きものの意外な一面に、思わず笑ってしまいます。生きものへの興味にもつながる本ですよ。

3位:『あるかしら書店』/ポプラ社

数々の絵本を手掛けている、ヨシタケシンスケさんの本が3位にランクイン。

人々が「あったらいいな」と思う夢のような本やグッズが飛び出す「あるかしら書店」を舞台に、ユーモアがあり、ほっこりするストーリーが繰り広げられます。

きっと、お子さんの想像力も、「本って楽しい」という気持ちもふくらむでしょう。

4位:『りんごかもしれない』/ブロンズ新社

こちらの本も、手掛けたのはヨシタケシンスケさん。ひとつのりんごをテーマに、「りんごじゃないかも…?」なんてユーモラスな視点で展開していきます。

投票した小学5年生は、『私も色々なあたりまえなものについて、そうぞうするので、この本に共感できました。たくさんの「そうぞう」を見みていると、楽しいのです。』とコメント。

“常識を疑う”ことで、想像力や創造力が育っていきそうです。

5位:『鬼滅の刃 無限列車編』/集英社

日本全土に大ブームを巻き起こした、「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」。5位にラインクインしたのは、そのノベライズ版です。

「鬼滅」好きなお子さんなら、一気に最後まで読んでしまうかも? 

「文字だけなのに迫力がある」「読むだけで泣いたり笑ったりできる」と、劇場版に負けず劣らず人気のようです。

6位:『5分後に意外な結末 ①赤い悪夢』/学研プラス

5分で読める短編が多数収録されています。どのストーリーも、最後にはまさかのどんでん返し…! 小説のおもしろさを堪能できる一冊です。

小学生からも「読書が苦手でも読みやすい」と太鼓判を押されていますよ。

7位:『りゆうがあります』/PHP研究所

こちらもヨシタケシンスケさんが手掛けた本です。ストローをかじる、びんぼうゆすりをする、鼻をほじる…など身近なシーンを元に、それぞれの『りゆう』を説明します。

すべてのりゆうは、実にユーモラス。そういう視点もあるか!と思わずクスッとしてしまうでしょう。

8位:『四つ子ぐらし ①ひみつの姉妹生活、スタート!』/KADOKAWA

主人公は、中学1年生のかわいい四姉妹。ハチャメチャながらも、楽しく生活する様子を描いています。

四姉妹の性格はバラバラなので、クラスの友達と「四姉妹の中で誰が好き?」なんて会話をするのも楽しそうですね!

9位:『スイミー』/好学社

実は『スイミー』の創刊は、1969年。時代を経てもその人気はおとろえず、今でも小学校低学年の国語の教科書に掲載されているほど。

ひとりぼっちになってしまったスイミーに感情移入したり、海での冒険にわくわくしたり…。本の内容を楽しんだ後は、「このあと、スイミーはどうなったのかな?」なんて“その後”のストーリーも想像してみましょう。

9位:『ほねほねザウルス』/岩崎書店

恐竜の赤ちゃんたちが、仲良し3人で冒険に出かけるストーリーです。骨だけど、その姿は元気でキュート。仲間の大切さや、冒険の楽しさを教えてくれる一冊です。

※『スイミー』と『ほねほねザウルス』は、ともに9位として発表されています。

「こどもの本総選挙」概要

「ソクラテスのたまご」編集部

「ソクラテスのたまご」編集部

教育に関する有識者の皆さまと一緒に、子を持つお父さん・お母さんでもある「ソクラテスのたまご」編集部のメンバーが、子どものために大人が知っておきたいさまざまな情報を発信していきます。

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena