• facebook
  • twitter
  • feedly
  • LINE
  • hatena
2021.06.01

小学生の室内遊びに頼れる味方!ダイソーで見つかる人気&高コスパのおもちゃ15選

最近の100円ショップの商品は、「本当にこれが100円!?」と感じるほどクオリティが高いですよね。商品の入れ替えが早いため人気の商品はすぐに売り切れてしまうことはありますが、頻繁に訪れても新商品と出合えるのも魅力です。子どもが外に遊びに行けず体力を持て余している…そんなときに使えるおもちゃが、100均にありました!

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • feedlyfeedly
  • LINELINE
  • hatenahatena

コツコツ作業をが好きな子に。子ども一人で楽しめるおもちゃ

一人で作業するのが好きな子、あるいは家事や仕事で子どもの相手をしてあげられないときにおすすめなアイテムを3つ紹介します。創造性や集中力が養えそうな内容です。

完成まで約1〜2時間「スクラッチアート」 

100均の室内遊びグッズの中でも、特にコスパの高さに定評があるのがこの商品です。一つの商品に「竹ペン」と4枚の「下絵シート」が入っており、1枚30円以下というお手軽さ。

黒い下絵シートを竹ペンで削るとカラフルな線や面が現れ、最後まで削ると雰囲気たっぷりな一枚の絵に仕上がります。下絵の線を削るだけでなく背面を削ってみたり、集中的に削る箇所を作ることで、同じ下絵でも全く違う絵に。削る人の創造性が発揮されるところです。

テーマは「花」「おとぎ話」などのかわいいものから、「マンダラ」「仏像」というちょっとマニアックなものまで約20種類がそろいます。下絵のないシートのみの商品もあるので、好きなマンガのキャラクターやオリジナルの作品にも挑戦できますよ。

針で刺すだけでマスコットが作れる「羊毛フェルト」

ふわふわの柔らかいフェルトを「ニードル」と呼ばれる専用針で刺し、フェルト同士を絡ませてぬいぐるみを作っていく手芸キット。裁断や縫製という工程がないため、手芸をしことのない子どもでも簡単に始められるのが魅力です。

完成した作品は部屋に飾って楽しんだり、ヘアゴムや安全ピンなどに付けてアクセサリーにしたり、友達との間でも話題になりそうです。

フェルトとニードルが一緒になっている初心者向けスターターキットと、同系色のフェルトを詰め合わせた商品、ニードルのみの商品があります。店舗によってはキャラクターを作れるキットも置いてあるようですので、近くの店舗で探してみてくださいね。

何が出るかは掘ってからのお楽しみ! 「発掘玩具」

こちらも、達成感を味わえること間違いなしのおもちゃ。石膏の塊の中に隠されたフィギュアを付属の棒とハケで発掘していくシンプルな遊びですが、石膏が思いのほか硬く、

かなり根気を要する作業になります。

初回の所要時間は約2時間ほどなようですが、あまり慎重にやりすぎると時間がかかりすぎ、かといって大幅に削ってしまうとフィギュアが傷つくこともあるため、大胆さと繊細さが必要。

発掘作業は石膏の細かい粉がたくさん出るので、始める前にレジャーシートや新聞紙などを敷いておきましょう。マスクがあると粉を吸い込む心配もありません。霧吹きなどで水をかけながら作業すると、粉が舞い上がらず石膏も柔らかくなって掘りやすくなるという裏技もあるようです。

【画像引用元】DAISOオンラインショップ

時間に余裕があるときは、親子一緒にハードル高めのチャレンジ!

天候や子どもの体調など、子育て家庭では身軽にお出掛けできないこともしょっちゅう。そんな時間のあるときにこそ楽しみたいのが、少し難易度の高いおもちゃです。大人のサポートや道具の準備は必要ですが、子どもと一緒に作り上げる喜びに浸れるものばかりです。

塗った絵が立体作品に仕上がる「立体ぬりえ」

塗って楽しい、飾って楽しい二つの楽しみ方ができる商品です。

まず、絵柄の違う4枚の塗り絵シートを塗っていきます。シートの中央、くり抜かれている部分はデリケートなので傷つけないように塗り進めましょう。終わったら、付属の台座シートに絵を立て完成です。

1枚目の絵の窓から2枚目、3枚目、4枚目の絵がのぞき、ポップアップ絵本のような奥行きのある作品に仕上がります。塗り絵シートの前後を組み替えれば、また違った雰囲気を楽しむことができます。

塗り絵シートは絵柄が細かく大人でも塗り応えがありますが、子どもの根気が続かなそうなら1~2枚目は子ども、3~4枚目は大人などと分担して合作するのも〇。テーマは「花園」「東京」「森の動物たち」の3種類です。

絶妙な力加減と指先の絶妙な器用さが求められる「プチブロック」

小指の爪ほどの小さなブロックを組み立ていく「プチブロック」は、オンラインショップに掲載されているだけでなんと54種類も! 一袋で一つの作品を作ることができ、乗り物・動物・人物から食べ物までバラエティ豊かな品ぞろえです。指先の力が弱いとブロックがはまらず、強すぎると積み上げる過程で崩れてしまうため、指先のトレーニングにも。

対象年齢は12歳からですが、ブロック遊びや工作作業が好きな子どもなら大人のちょっとしたサポートがあればチャレンジできます。初心者には、パーツの少ない「ホッキョクグマ」が挑戦しやすいようです。

同じくダイソーで買えるコレクションケースに完成品を飾ると、より達成感と満足感を味わえますよ。

話題のインテリア小物が作れる「ハーバリウム専用オイル」

ガラス瓶の中に草花を閉じ込めたインテリア小物、「ハーバリウム」の材料もダイソーで購入できます。

生花はすぐに枯れてしまいますが、ハーバリウムならそんな心配は不要。もともと植物を長く保存するための標本として作られたものなので、長く花の美しい姿が楽しめます。

別で用意する物は、容器・ピンセット・ドライフラワー。もちろん、これらも100均で手に入るものばかりですね。

作り方も簡単! 煮沸消毒、もしくはアルコール消毒した容器の中に草花を配置し、専用オイルを注いでフタをすれば出来上がりです。ちなみに、生花はカビ発生の原因になるので必ず乾燥した花材を使いましょう。

ビー玉やスパンコール、子どもの好きなマスコットを入れるのもOK。家族やお友達へのプレゼントにも喜ばれそうです。

プラモデル世代の親も心揺さぶられる! 「動く3Dパズル」

パッケージに入っているのは、説明書・くるまパズル・ゼンマイ・タイヤ。パズルにゼンマイとタイヤ? と不思議に感じますが、この商品は車の立体パズルにタイヤを付け、走らせることができるのです!

最初にシートからパーツを抜き出して組み立てますが、プラスチック素材なのである程度の硬さがあります。はめ込むのに力が必要な部分は、大人がサポートしてあげましょう。車体が出来上がったら、ゼンマイとタイヤを取り付けてボディ下のパーツを組み込めば完成。

車体を後ろに引いて手を離すと前進する“プルバック式”で走り出します。なかなかのスピードで走るので、複数台を作ってレースをしても楽しそうです。

【画像引用元】DAISOオンラインショップ

家族みんなでゲーム!リビングでワイワイ盛り上がるおもちゃ

休日に家族全員そろったときも、100均おもちゃの出番! 遊びを通して学べる“かるた”から中高生に人気の「人狼ゲーム」の初心者版など、盛り上がること間違いなしの高コスパおもちゃを紹介します。

遊びながらしっかり学べる「かるた」シリーズ

遊びを学びにつなげたいなら、学習かるたがおすすめ。

ダイソーでは現在「都道府県」「ことわざ」「四字熟語」「いろは」「歴史人物」の5つがリリースされています。かるたは繰り返し遊ぶことで記憶に定着していくので、子どもが飽きるまでたくさん遊んであげたいですね。

このかるたシリーズは、読み札全部の読み上げ音声が大創出版の商品紹介ページからダウンロードできる仕組み。iPhoneとAndroidでシャッフル再生ができるため、子どもだけで遊ばせることもできます。

注文通りのバーガーをたくさん作った人が勝ち!「アロハ!バーガー」

ハンバーガーレストランチェーン「クアアイナ」とのコラボ商品。見ているだけでも楽しくなりそうな、色鮮やかなハンバーガーの具材が印刷されたカードが入っています。

大まかなルールは次の通り。

  1. “親”が注文カードを使って、ハンバーガーをオーダー。
  2. 具材の面を伏せて並べたカードの中から、神経衰弱のように指定の具材を探し当て、バンズカードで挟んだら1セット完成。
  3. 次の親が、新しいオーダーをする。

3セット先に作り終えた人(またはチーム)が勝ち。1回のゲームで作れるバーガーは4つまでなので、4人以上でプレーするときは2チームに別れると良いようです。

他にも「スシロー」「ピザーラ」など、子どもにも人気の飲食店とのコラボゲームがあります。

【画像引用元】DAISOオンラインショップ

“うそをついている人”を見抜く会話ゲーム「おおかみ少年だあれ?」

「人狼ゲーム」の初心者版ともいえるこのカードゲームも、家族みんなで盛り上がること間違いなしのアイテムです。

プレーヤーに役のカードが配られ、人狼1名・おおかみ少年1名の人狼チームと、その他の市民チームに振り分けられます。この時点では、誰がどの役か分かりません。ゲームマスターが「好きな食べ物は?」などの簡単な質問をするので人狼はうその回答をし、おおかみ少年と市民は正直に回答します。質疑応答の後、プレーヤー全員で人狼だと思う人物を一斉に指さします。一番多く指名を集めた人はその場を追放になりますが、人狼が追放されれば市民チームの勝ち。おおかみ少年が追放されれば、人狼チームの勝ちです。市民が全員追放された場合も、人狼チームの勝利になります。

人狼ゲームは中高生の間でも人気があるので、大人の入り口に立って口数が減ってきた子どもとのコミュニケーションにも良いかもしれません。

【画像引用元】DAISOオンラインショップ

子どもの知的好奇心を刺激する、知育要素あふれる冊子系おもちゃ

持ち運びやすく、収納場所を取らない冊子系のおもちゃも充実しています。子どもがしっかり楽しめる、濃い内容のものばかりです。

目を皿にして、目指せ全問クリア!「あった?」

冊子を開くと、雑貨やミニチュアフードで飾られた色鮮やかな写真が目に飛び込んできます。「あった?」はテキストに書かれた内容を写真の中から見つけ出す、かくれんぼ絵本集中力や観察力を養うのに一役買ってくれそうなアイテムです。

シンプルな価格だからといって、内容までシンプルかといえばそうではありません。簡単に見つかるものとなかなか見つけられないものが混在していて、子どもも大人も夢中になること間違いなし。英語併記があり、英語に興味がある子どもなら単語を追うだけでも勉強になるでしょう。

「どうしても見つけられない!」というときは、大創出版の商品紹介ページに答えが載っているので参考にしてくださいね。

【画像引用元】DAISOオンラインショップ

アドベンチャー系知育絵本「迷路&さがし絵」

かわいらしい「あった?」とは対照的な、アドベンチャー要素を盛り込んだ知育絵本がこちら。

全面にイラストで描かれた迷路の他、かくし絵や文字探しなどいろいろな仕掛けが散りばめられているので、一つの作業を続けるよりいろいろなことに挑戦したい子におすすめです。

2冊のシリーズで、世界に散らばった“時のカケラ”を探しにタイムトラベルをする「時のアドベンチャー」、海に眠る財宝探しの旅に出る「海のアドベンチャー」というそれぞれのストーリーがあります。「時のアドベンチャー」にはエジプト文明・ルネサンス・江戸時代といった歴史に触れることができるので、社会科への興味の入り口としても良いかもしれません。こちらは、巻末に答えが付いています。

【画像引用元】大創出版ホームページ

折り方を動画で見る新機能搭載の「おりがみ」シリーズ

想像力・思考力・集中力・空間認知能力など、子どものさまざまな能力を刺激し促進することでも知られる折り紙。ダイソーでは、7種類もの折り紙ブックが販売されています。

2021年1月に発売された新シリーズは、定番の「どうぶつ」や「紙ひこうき」に加えて「5回で折れる」「かっこいい」といったユニークなテーマが登場。QRコードにアクセスすると、YouTubeで動画が見られる新機能も! 文字と図を見ても折り方が分かりづらいときは、大きな助けになってくれるでしょう。このシリーズにも、英語の併記があります。

【画像引用元】大創出版ホームページ

まだまだある! 室内で遊べるダイソーのおもちゃ

ここまで“ひとりで・親子で・みんなで”というそれぞれのシーンに合わせたアイテムを紹介してきましたが、100均おもちゃはそれだけではありません。室内にいることが楽しくなる、遊び方自由自在のおもちゃもあるんです。

作って触って膨らませて。感触の楽しい「ふうせんねん土」

昔懐かしい「スライム」を、自分で作って遊ぶおもちゃ。中には「バルーンスライムの素」「まほう水」とストロー、説明書が入っており、作り方は至って簡単。

パッケージの袋の中にバルーンスライムの素とまほう水を順に入れ、袋のチャックをしっかりと閉じて2分もむだけ。ちぎってもつぶしても、何度でも遊べるバルーンスライムの出来上がりです。

完成したスライムをトレーなどの平たい容器に出し、ストローでそっと息を吹き込むと、バルーンのように膨らませることも。その他にも型で抜いたり、ストローを使って音を出したりという遊び方もできるようです。手も部屋も汚さずに遊べるのは、親にとってもうれしいポイントですね。

【画像引用元】】DAISOオンラインショップ

握って固まる、何度でも遊べる「お部屋で砂遊び」

外遊びの定番、砂遊びが室内でできる画期的な商品。ふわふわとした感触の砂は力を加えれば固まり、衝撃を与えると崩れる普通の砂と同じ性質を持っています。砂場の砂との違いは、手が汚れないこと。

一つ約200gと砂遊びには少し物足りない量かもしれませんが、そこは100円ショップ。1kg分購入しても550円とリーズナブルです。

青や緑など多色展開しているので、混ぜて使っても面白いものができそうですね。まとまりやすいとはいえ多少は砂が散らばるので、遊ぶ前はレジャーシートを敷くなど事前準備をしておきましょう。ベランダやテラスで遊ぶのも良さそうです。

砂遊びは卒業した子どもでも、興味を持ってくれそうなこのアイテム。久々に砂と戯れることで、新しい発見があるかもしれません!

ダイソーで買える、室内遊びにぴったりなおもちゃ。どれも価格以上に遊べる・学べる・盛り上がれるものばかりで、試してみる価値は十分あります。あえてわが子の好みとは全く違う物を渡してみると、意外な一面が見えてくるかもしれません。ここで紹介した意外にもまだまだいろいろなおもちゃがあるので、店舗やオンラインショップをのぞいてみてくださいね。

※本記事は、2021年6月1日現在オンラインショップで販売されている商品を紹介しています。既に完売済みの可能性もありますが、メーカーへの問い合わせはご遠慮ください。また、実際に使用する際は取扱説明書を確認ください。

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • feedlyfeedly
  • LINELINE
  • hatenahatena
  • ソクラテスのたまごの
    最新情報を受け取ろう

    いいね!するとfacebookに情報が届きます