• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.08.12

トイレに行けない、ゴミ箱がない…。旅行や帰省、アウトドアに「フェムテック」という選択肢

帰省やレジャーなど、イベントのタイミングで生理がかぶってしまったときのブルーな気持ちは、大人なら誰もが経験したことがありますよね。生理期間の過ごし方がまだ身に付いていない小学生なら、その不快感や不便さはなおさらのはず。
そこで今回は「いつもとちがう生理期間」を快適に過ごす、話題のフェムテックをご紹介!子どもでも使いやすいアイテムを厳選しました。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

帰省やレジャー行事に、生理がかぶった!

夏休みやゴールデンウィークなどの長期休暇で長距離の移動をするときに、生理がかぶってしまうのは本当に厄介ですよね。

生理を何度も経験した大人であれば、生理日管理アプリや低用量ピルなどで事前に調整、回避をすることが可能ですが、子どもはそう簡単に自分で調整はできません。

フェムテックというと、月経カップや生理日管理アプリなど、どちらかというと大人の女性が使うものとイメージしがちではないでしょうか。また、体の中に挿入するタイプのものを「子どもには早い」と敬遠しがちな風潮もあります。

しかし、本当にそうでしょうか。「長時間トイレに行けない」「サニタリー用品を捨てるゴミ箱がない」という緊急事態に、大人も子どもも関係ありません。

むしろ、子どもは大人に比べて生理不順であったり、運動量が多いことにより経血モレをしやすかったりと「生理トラブル」を抱えがちです。子どもこそ、より使いやすさや快適さが追求されたフェムテックを使うべきとも言えるのです。

では、具体的にはどのようなアイテムがあるのでしょうか。

吸水型サニタリーショーツ「ベア シグネチャーショーツ 03」

125 mlもの経血を吸水する「ベア シグネチャーショーツ 03」(PR TIMES

「ベア シグネチャーショーツ 03」は、サニタリーショーツブランドBé-A(ベア)が展開する吸収型サニタリーショーツ。シリーズ累計8万枚以上売れている人気シリーズの最新作です。

これまで、吸水型ショーツ1枚で1日過ごすことは難しいと考えられていましたが、ベアはその常識を打ち破り、なんと125 mlもの経血を吸水するショーツを開発! 一般的な多い日の経血量は30~50ml、つまり多い日の3倍以上の水分を吸収できるということ。

ベア シグネチャー ショーツ 03 ¥7700

そのほか消臭効果やお腹を守る「ぬくもり設計」など、子どもだけではなく大人にもうれしいポイントがたくさん。

「いきなり外出時に使うのは不安」という場合は、まずは生理が来そうなタイミングや生理の終盤、おうち時間などから使うのがオススメです。

月経カップ「ディーバカップ」

2022年8月4日から新価格になった「ディーバカップ」(PR TIMES)

前述のように「子どもに挿入タイプの生理用品を使わせるのは不安」という方には、こちらをオススメ。

ディーバカップは2002年にカナダで誕生し、北米だけで65,000店舗以上で取り扱われている人気ブランド。ライフステージに合わせた3タイプのサイズ展開で、初めて月経カップを使うという子どもにも安心です。

ライフステージに合わせた3サイズ展開(PR TIMES
  • モデル0:初潮を迎えて間もない方、18歳以下の方
  • モデル1:出産経験のない方、19歳〜30歳くらいの方
  • モデル2:出産経験のある方、30歳以上の方

着色料やプラスチックを使わず、100%医療用シリコーンで衛生面にも優れており、連続12時間使用が可能なのもうれしいですね。

10代から使える世界No.1シェアの月経カップ(PR TIMES

ディーバカップ 各¥4620

汗ばむ季節にナプキンかぶれの心配がない月経カップは、汗っかきな子どもにはぴったりかもしれません。

「月経カップは漏れるのでは……」「取り出せなくなったらどうしよう……」という方は、公式HPでしっかり説明されているので、読みながら使い始めてみましょう。

生理用品を選ぶのは大人ではなく、子ども自身

生理が来てすぐの頃は、生理用品の準備を保護者が行うのが一般的です。しかし、ここで注意したいのは、「用意するのは大人、選ぶのは子ども自身」であるということ。あくまで何を使うかの意思決定は本人が行うようにしましょう。

大人がナプキンだけしか教えないのは、子どもの生活を不便に過ごしにくくしてしまうことにつながります。逆に「怖いから使いたくない」という子どもにタンポンや月経カップを押し付けることもあってはいけません。

大人が子どもと一緒に調べ、場合によっては一緒に試して、少しずつ一つ一つのメリットやデメリットを知っていけるとよいですね。

<参考資料>
株式会社Be-A Japan 累計8万枚突破!超吸収型¹サニタリーショーツブランドBé-A〈ベア〉、安心感がさらにUPし、スリム化 。吸水量が約125mlに増えた最新モデル「ベア シグネチャー ショーツ 03」登場(PR TIMES)
インテグロ株式会社 月経カップのインテグロ、10代から使える世界No.1シェア*の月経カップ「ディーバカップ」を新価格で提供開始(PR TIMES)

マサキヨウコ

マサキヨウコ

1991年生まれ、ライター兼編集。小学生向けファッション誌のほか、小学校教員向け専門誌の編集を経て、2022年にフリーに。小学校教育や性教育、10代のトレンドなどについて執筆している。夫と猫の3人暮らし。

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena