• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.09.21

【6つの知育ができる】「頭が良くなる」と脳科学者も太鼓判の、子どもがハマる最新ツール

子どもって、シールが大好きですよね。貼るのを躊躇してしまうほどのレアシールも、なんの迷いもなくペタペタ……。シールが好きなお子さんや、組み立て作業が好きなお子さんには、『頭がよくなる!知育シールパズル』シリーズがおすすめ。子どもの頭脳を伸ばしたい保護者必見です!

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE

6つの「知育」ができるシールパズル

2022年9月1日(木)に株式会社 学研プラスから発売されたのが、『頭がよくなる!知育シールパズル たんけん!ふしぎなせかい編』

これは『頭がよくなる!知育シールパズル』シリーズの第2弾です。前回に続き、今回も茂木健一郎さん(脳科学者)が監修されているので、その知育効果はおおいに期待できるでしょう。

『頭がよくなる!知育シールパズル たんけん!ふしぎなせかい編』(PR TIMES

『頭がよくなる!知育シールパズル たんけん!ふしぎなせかい編』では、集中力・想像力・空間認知力・数字の理解・やり抜く力・達成感の6つの「知育」ができるそうです。

参考書を片手にがっつり机に向かわなくても知育ができるなんて、活用しない手はありませんね!

なお今回の第2弾は、ストーリー仕立てで話が展開していきます。絵本のような物語に、ワクワクすること間違いなし。探検のストーリーに入り込みながら、すてきな絵柄を完成させていきましょう。

茂木健一郎さんも太鼓判!(PR TIMES

「たんけんのちず」を完成させよう

『頭がよくなる!知育シールパズル たんけん!ふしぎなせかい編』のやり方は、とても簡単。

本のイラストをよく見ると、細かく番号が割り振られています。これと同じ番号のシールを、台紙から探して貼り付けるだけ。コツコツと貼り付けていくと、立体的なイラストの完成です! 

認知力や数字の並び(数系列)の理解にも役立つ(PR TIMES

パズルの種類は、全部で10個。ページがすすむにつれて、難易度が上がっていきます。最初は55ピースですが、後半は100ピース超えがメインになり、最後は115ピース! あせらず、コツコツとすすめていきましょう。

パズルが完成したら、アイテムシールを「たんけんの ちず」のページに貼ってください。アイテムシールが増えるたびに、たんけんのちずが完成します。「もう少しだ!」なんて目標を持って取り組むと、ワクワクがさらに広がりますね。

10種類のカラフルなパズルが楽しめる(PR TIMES

『頭がよくなる!知育シールパズル たんけん!ふしぎなせかい編』は、年齢を問わずに誰でも楽しめます。同じ数字を探し出すだけなので、小学生以上のお子さんなら、難なく取り組めるでしょう。親子で協力してチャレンジするのも良さそうですね。

また『頭がよくなる!知育シールパズル たんけん!ふしぎなせかい編』は、表紙をめくると、気球型のパズルが出現。パズルシールを使って完成させれば、思い入れのある特別な表紙になるでしょう。

空間認識力ややり抜く力も育つ(PR TIMES

脳科学者の茂木健一郎さんが監修した知育シールブックの第2弾。スマホやゲームなどのデジタル機器も良いけれど、たまには「アナログ」遊びも楽しそう。遊びながら、脳をぐんぐん伸ばしていきましょう!

株式会社 学研ホールディングス【脳科学者・茂木健一郎氏監修】大人気「頭がよくなる!知育シールパズル」第2弾が新発売! シール版ジグソーパズルで脳を楽しく活性化(PR TIMES)

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE