• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.04.28

2023年度「ラン活」速報。ランドセル選びの最新トレンド【人気カラーTOP10】

子どもと6年間一緒に過ごすランドセルを探す「ラン活」のスタートは年々早まっており、GWに第1弾のピークを迎えるそうです。2023年度に入学を控えるご家庭の中には、「GW期間中にランドセルを選ぼう」と思っているご家庭もあるのではないでしょうか。
今回は、老舗ランドセルメーカー・土屋鞄製造所が発表した「2023年度入学者の人気カラートップ10」を紹介します。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

【2023年度最新】ランドセルの人気カラーTOP10

来年度の入学に向けて、すでに「ラン活」を始めているご家庭も多いことでしょう。

しかし、色や柄が多種多様のランドセル。いざ店頭に行くと、どれにしようかと迷ってしまうもの。6年もの間、頻度高く使うものなので、悩んでしまうのは無理もないことです。

ランドセル選びに迷っている方は、土屋鞄製造所(以下、土屋鞄)がこのたび発表した「人気カラー(系統)トップ10」を参考にしてみてはいかがでしょうか。発売から1か月、売れ行きから早くも人気カラーが見えてきたようですよ。

さっそく2022年3月2日の発売開始から4月3日までの約1カ月間の集計をチェックしてみましょう!

PR TIMES

2023年度入学の子どもに人気のカラーは、こちら。

保護者世代のランドセルは赤と黒が主流でしたが、今の子たちのランドセルは“多色化”していますね。「周囲から浮いてしまったらどうしよう」「やっぱり無難な赤や黒がいいのかな」という悩みは全く不要であることが分かります。

売れ筋シリーズの特長は?

土屋鞄製造所がラインナップする2023年度のランドセルは、約50種類。どれも絶妙な色合いが特徴です。

たとえば「茶色」と一口に言っても、明るい茶色や深い茶色、黄土色に近い色などがあります。定番の「黒」も、緑色寄りの黒や青みがかった黒などバリエーション豊か。これなら、好みの色のランドセルがすぐに見つかりそうです。

そんな色とりどりのラインナップの中で、人気のモデルとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

土屋鞄によると、売れ筋は、人気ブランド「ミナ ペルホネン」とのコラボモデルと、“ジェンダーレス・ランドセル”のシリーズ「RECO(レコ)」、全18色とカラーバリエーションの豊富さが特徴のシリーズ「プレミアムカラー」がトップ10を占めているようです。

とくに「ミナ ペルホネン」は人気ブランドということもあり、土屋鞄とのコラボは見逃せません。

おしゃれじゃないわけがない!「土屋鞄製造所×ミナ ペルホネン」初のコラボランドセル登場
おしゃれじゃないわけがない!「土屋鞄製造所×ミナ ペルホネン」初のコラボランドセル登場
高品質なランドセルブランドとして絶大な人気を誇る土屋鞄製作所。毎年アーティストとコラボレーションして発売される「アトリエ」シリーズから、2023年入学モデルとし.....

2023年度の「ミナ ペルホネン」コラボモデルは、3柄×3色の合計9種類が「アトリエ」シリーズで展開されています。ランドセルを開くと、可憐な花々や空想の動物たちがずらり。まるで物語のような絵柄は、お子さんの想像力にアプローチしてくれるでしょう。

人気ブランド「ミナ ペルホネン」コラボモデル(PR TIMES

ジェンダーレスのランドセルシリーズ「RECO(レコ)」は、2022年度に登場したばかりですが、昨年度の土屋鞄売り上げランキング上位5位に4製品が入るほどの大人気を記録。今年は、プリズムオレンジ、プリズムカーキ、プリズムブルーの明るいカラーが新登場し、合計8色が展開されています。

RECOのランドセルは、どれも絶妙なカラーバリエーション。性別を問わないだけではなく、大人が持ってもしっくり馴染むような、上品な色合いが特徴です。

ジェンダーレスのランドセルシリーズ「RECO(レコ)」(PR TIMES

「プレミアムカラー」は、全18色と豊富なカラーバリエーションを誇るシリーズです。深い色合いからパステルカラーまでそろっているので、お子さんの「好き」が見つかりそうですね。

全18色の「プレミアムカラー」(PR TIMES

ランドセルもジェンダーレスな時代に

ジェンダーレスのランドセル「RECO」シリーズは、2022年度に大ヒットを記録しました。今年も人気が予想されるため、7月31日までは完売せず、予約を受けつけることが発表されています。

ジェンダーレスは今や新しい価値観の象徴。たとえば中学校の制服は、親世代だと「女子はスカートで当然」だったものが、今は「女子はスカートかスラックスか自分で選べる」ようになってきています。

「男の子(女の子)はこうでなければならない」という価値観は、もはや昔の話

実際、土屋鞄が保護者世代にアンケートを実施したところ、「ランドセルのカラーについて、性別による固定概念をなくしたほうが良いと思うか」の質問について、8割以上が「とても思う」「やや思う」「どちらかといえば思う」と回答しています。

保護者へのアンケート結果(PR TIMES

ジェンダーレスについて保護者世代の理解が広まっていることがわかりますね。無垢でフラットな視点を持つ子どもたちなら、なおさら理解があるかもしれません。

社会に大きなうねりをもたらし、今ではランドセル業界でもトレンドとなっている「ジェンダーレス」。「男の子(女の子)なんだからそんな色はやめておきなさい」ではなくて、その子の「好き」を尊重してあげたいですね。

PR TIMES

土屋鞄のランドセルは、今も昔もおしゃれでハイセンス。特に昨今はジェンダーレスのデザインがトレンドで、今後ますますニーズが高まることが予想されます。

6年間使うものだからこそ、本当に良いものを。人気カラーも参考に、ラン活をお楽しみくださいね!

<参考資料>
土屋鞄製造所「【土屋鞄】販売開始から1ヶ月 人気カラートップ10発表 76%が赤・黒以外の色を選択、好みが多様化」(PR TIMES)

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena