• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.03.05

中学生の自宅学習に。ベネッセが学年別の「総復習ドリル」を無料で提供【〜3/27まで】

コロナ禍が続く昨今、臨時休校や学級閉鎖に直面する家庭は少なくありません。突然休みになると、生活リズムが乱れるうえ、学力への影響も気になりますよね。
保護者たちの不安の声を受けて、株式会社ベネッセコーポレーションが、新中学1年生〜3年生に向けて、「春の総復習ドリル」の無償提供を開始しました。進研ゼミを受講していなくても申し込めるので、進級へ向けて自宅でじっくり学習しましょう。

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

臨時休校や学級閉鎖、子どもの学習へどう影響してる?

新型コロナによる休みの場合、休校措置が解除されるまで、子どもはずっと自宅で過ごさなければなりません。

じっくり自主学習するチャンスですが、多くの家庭では学習時間の減少に頭を抱えているようです。

ベネッセには、「家にいてもスマホばかり」「ゲームに没頭している!」など、保護者からの悲痛な声がたくさん寄せられたそう…。

ベネッセに寄せられた保護者の声(PR TIMES

そこでベネッセが考えたのが、「自宅でも学びを止めない方法」です。

『春の総復習ドリル』は、進級までに身につけておきたい内容を網羅。「新中学1年生向け」「新中学2年生向け」「新中学3年生向け」の3パターンで、中学生の子どもの自宅学習を徹底サポートしてくれます。

『春の総復習ドリル』の内容とは?

『春の総復習ドリル』は、学年ごとに異なる教科を収録しています。

「新中学1年生向け」では、算数と国語。
「新中学2年生向け」では、数学と英語。
「新中学3年生向け」では、数学と英語。

問題編ではそれぞれ、次の学年につながる重要な単元が掲載されています。

1回分は10~15分とちょうど良いボリューム(PR TIMES

自宅でしっかり学習できるように、色分けした分かりやすい解説も用意。「一人で理解できる」をモットーにつくられているので、苦手分野も一人で克服できるでしょう。

お得な「先取りドリル」もセットで配布

『春の総復習ドリル』は、その名のとおり“復習”がメイン。今までに学んだ内容が収録されているので、基礎力の強化が期待できます。

でも、せっかくなら、「次」につながる単元も学習しておきたいところ。

そんな保護者の思いを汲んだベネッセは、学年ごとに内容が分かれた『春の総復習ドリル』と共に、進級後の学習に役立つドリルもセットで提供中

進級後にスタートダッシュするために、ワンランク上の教材も活用できます。

新中学1年生向けでは「復習+先取り 中学準備ドリル」、新中学2年生向けでは「英数国 要点復習ドリル」、新中学3年生向けでは中学3年間の要点を1冊にギュッと詰め込んだ「入試によく出る基礎」を、それぞれ『春の総復習ドリル』とセットで配布しています。

さらに、スマホを通して高校入試へ向けた保護者向けセミナーも配信。学校を通さなくても受験情報に詳しくなれるので、こちらも必見ですよ。

『春の総復習ドリル』の申込期限は、2022年3月27日(日)まで。お見逃しのないよう、ぜひお早めにお申し込みください。

学習の先取りと情報の先取りで、自宅でも充実した時間を過ごしてくださいね。

『春の総復習ドリル』概要

  • 申込期間:2022年3月27日(日)まで
  • 申込方法:特設サイトより
  • 対象:2022年4月より新中学1年生~新中学3年生になる方すべて(進研ゼミ受講の有無は問いません)

<参考資料>
株式会社ベネッセホールディングス「進研ゼミが重要単元の<総復習ドリル>を無償提供」(PR TIMES)
進研ゼミ中学講座 『春の総復習ドリル』特設サイト

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

ソクたま公式SNS