• facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
2022.02.22

金融教育のスタートに。小学校高学年〜高校生向け「株式投資セミナー」開催

小学校高学年〜高校生までの「株式投資を学んでみたい」子どもが、株式投資の基本を学び、上場企業の社長とコミュニケーションを取ることができる「上場企業の社長に学ぶ株式投資セミナー」が2022年2月26日(土)に開催決定。資産形成教育を親子で受講してみませんか?

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena

2022年度から、高校の家庭科で、資産形成に関わる学習が始まります。

学習指導要領には「持続可能な消費生活・環境」という内容で、基本的な社会保障制度のほか、株式や債券、民間保険のことについても学ぶことが示されています。

しかし、日本にはお年玉やおつかいなど、子どものころからお金に触れる文化が多くありますよね。そのため、高校生以前からお金に関する学習をしていても早すぎることはありません。

株式会社ZNと特定非営利活動法人イノベーターズ・フォーラムは、10代の子どもたちに金融経済教育とキャリア教育を届けるための「上場企業の社長に学ぶ株式投資セミナー」を共同で開催することを決定しました。

対象は、小学校高学年から高校生までの株式投資について学んでみたい子ども。学校や普段の生活では聞けない経済の話を聞くチャンスです。

株式会社ZNは、金融教育サービス「FP君」を提供している企業。「FP君」は主に子育て世代の資産形成をサポートするサービスです。

一方、特定非営利活動法人イノベーターズ・フォーラムは個人投資家啓蒙メルマガ「億の近道」を配信している団体。個人投資家向けの勉強会などもたびたび行っています。

株式会社ZNは、資産形成教育の中でも特に株式投資に注目し、本セミナーでも株式投資をメインテーマに置いています。

同社は株式投資を学ぶことで期待できる副次的なメリットとして、次の3つをあげています。

  • 様々な企業を知れる
  • 世の中の仕組みが理解できる
  • 投資と経営と経済が理解できる

確かに、社会科や公民科などの授業で、社会の仕組みや制度を暗記しようとしてもなかなか覚えられなかった経験のある保護者も多いのではないでしょうか。実際の社会の仕組みとセットで考えると、リアルなものとして捉えることができそうですよね。

また、今回のセミナーの大きな特徴は、「上場企業の社長が登壇する」というところ。上場企業の社長に直接、これまでの軌跡や今後の展望、会社に対する思いを聞ける機会は、なかなかありません。

株式投資の基本を学びつつ、さらにリアルなビジネスの話を聞くことができる、まさに一石二鳥な今回のセミナー。
 
初回である2月26日は、熊本県の住宅メーカー「株式会社Lib Work」の代表取締役社長 瀬口力氏を招いて、ビジネスや投資について語っていただく予定です。

子どもの金融教育と同時に、大人の学び直しという意味でも、ぜひ親子で視聴してみてはいかがでしょうか。

PR TIMES

イベント詳細

  • セミナー名:上場企業の社長に学ぶ株式投資セミナー 
  • 日時:2022年2月26日(土)16時〜18時
  • 形式:オンライン(ZOOM等のシステムを使用予定)
  • 対象者:投資を学びたい10代の子ども(小学校高学年〜高校生)と保護者
  • 申し込みURL:https://toshi-wo-manabu.peatix.com/
  • 参加料金:300円(税込)
  • 株式会社ZNホームページ:https://fpkun.com/
  • 特定非営利活動法人イノベーターズ・フォーラム:http://www.iforum.jp/

セミナーのスケジュール

・第一部:株式投資の基本を学ぶ講座
金融教育サービスFP君代表 遠藤 功二氏
・第二部: ビジネス&投資のお話
株式会社Lib Work 代表取締役社長 瀬口 力 氏(https://www.libwork.co.jp/)

<参考資料>
株式会社ZN「10代のための「上場企業の社長に学ぶ株式投資セミナー」開催」(PR TIMES)
文部科学省「高等学校学習指導要領解説 家庭科」

\ SNSでシェアしよう /

  • facebookfacebook
  • twittertwitter
  • LINELINE
  • hatenahatena